Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、管理が容易な中小企業向けウイルスバスターを発売

トレンドマイクロは、中小企業向けの統合セキュリティソフト「Trend Micro ウイルスバスター ビジネスセキュリティ」を、2006年1月5日より発売する。

同ソフトは、従業員100名以下の中小企業をターゲットとしており、セキュリティ担当の専任者がいなくても、運用や管理を簡単に行えるよう機能を強化したセキュリティソフト。従来、「Trend Micro Client/Server Security」として提供されていたものを機能強化したもので、ウイルスの検出や駆除、脆弱性診断、大規模感染予防、そして感染した場合の復旧などの処理を自動的に実行できる。

また、ウェブ画面による管理コンソール「セキュリティダッシュボード」から、最新のステータスやクライアントの設定状況を閲覧できる。これにより、管理や運用にかかる手間を削減できる。価格は、5ユーザー版が7万7175円、10ユーザー版が15万4350円、25ユーザー版が36万2250円となっている。

(Security NEXT - 2005/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
ソフトバンク携帯電話、4時間半にわたり障害 - 原因は証明書の期限切れ
ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
PHPがセキュリティアップデート - 5.6系と7.0系がサポート終了へ
「割引」で誘引、ふるさと納税の偽サイトに注意 - 公式サイトよりデータ盗用
Flashゼロデイ攻撃、露医療機関文書に偽装 - 伊Hacking Teamと手法類似
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正