Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

京都銀行、投資信託取引の明細票を紛失

京都銀行は、嵯峨支店において145名分の顧客情報が記載された帳票24枚を紛失した。

紛失したのは投資信託の取引情報を記載した7日間分の帳票で、顧客145名の氏名、投資信託口座番号、取引数量、金額などが記載されていた。同行によれば、10月17日に定例の点検作業を行った際、紛失が判明したという。その後捜索するとともに紛失届を提出したが、10月27日時点では発見されていない。

内部調査の結果、行内で誤って破棄した可能性が高いとしている。同行では該当する顧客を個別に訪問し、事実説明を行った。また、顧客情報の管理をさらに強化して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PowerDNS Recursor」に脆弱性 - アップデートがリリース
寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
「ひっかからないで!」JC3が詐欺の注意喚起動画
小学校で個人情報含むノートが所在不明 - 大阪市
居住者情報の記載資料が所在不明に - 仙台市の郵便局
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
インフォセックとBureau Veritas、海事産業分野のセキュ事業で提携
施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
牡蠣の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性