Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

京都銀行、投資信託取引の明細票を紛失

京都銀行は、嵯峨支店において145名分の顧客情報が記載された帳票24枚を紛失した。

紛失したのは投資信託の取引情報を記載した7日間分の帳票で、顧客145名の氏名、投資信託口座番号、取引数量、金額などが記載されていた。同行によれば、10月17日に定例の点検作業を行った際、紛失が判明したという。その後捜索するとともに紛失届を提出したが、10月27日時点では発見されていない。

内部調査の結果、行内で誤って破棄した可能性が高いとしている。同行では該当する顧客を個別に訪問し、事実説明を行った。また、顧客情報の管理をさらに強化して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大