Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

融資先情報178件を紛失 - 島根銀行

島根銀行は、融資状況など顧客情報を記録した資料を紛失したと発表した。

紛失した資料は、同行出雲支店の融資の返済状況が記載された管理月報で、氏名や口座番号、取引内容など178件の顧客情報が記録されていたという。

同行では、保存期間を誤り廃棄した可能性が高く、「外部への流出はない」と結論づけている。同行では、再発防止のため、管理手順の厳格化などを実施したいとしている。

(Security NEXT - 2005/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年1月に「JSAC2021」開催、初の2トラック制 - CFPを開始
DV被害者住所をミスで加害者へ漏洩 - 三鷹市
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市