Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新栄住宅、セキュリティ強化策などを発表

新栄住宅は、8月に発生した車上荒らしによる顧客情報の紛失事故についてその後の状況を明らかにした。

福岡市内の同社モデルルーム敷地内において営業車が盗まれ、一時「営業用記録ノート」を紛失。その後、車とともに書類は回収されている。

紛失情報に関する問い合わせは、8月前半に3件寄せられたのみで、いずれも事情を説明し、顧客の理解を得たという。その後、問い合わせは寄せられていない。また、顧客に対して、振り込め詐欺の注意喚起を行っており、二次被害も10月6日の時点で発生していないとしている。

同社では、再発防止策として、研修会を実施しているほか、車両管理の徹底やパソコンや顧客カードの持ち出し禁止、持ち出し基準の策定、抜き打ち検査の実施を行うほか、セキュリティ端末の導入を検討しているという。

(Security NEXT - 2005/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず