Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

定期的な試験で情報セキュリティ教育を - アイネス

アイネスは、個々の社員に対し定期的に試験を実施する情報セキュリティ教育サービス「e-test」の提供を開始した。

同サービスは、社員に対し、個人情報保護や情報セキュリティに関する基本的な知識や、日常の活動で遵守すべきルールなどについて問う試験を、定期的に実施できるサービス。中央大学法科大学院教授である堀部政男氏と弁護士の藤谷護人氏が監修を担当した。

問題の内容は、社員の日常活動に重点をおいた実務的なもので、ユーザー企業のルール規定状況に則して出題される。試験前の周知、準備業務のサポートや、試験後の結果をルール規定や設備改善へ反映させるためのサポートなども行われる。価格は社員数によって異なるが、1000人規模の場合で1人当たり2500円。年間2回の試験が実施される。

(Security NEXT - 2005/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も