Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

温泉入浴中に共済の契約内容が記載された書類を盗まれる

香川県農業協同組合は、10月5日の夜にかけて、円座支店の職員が帰宅途中に温泉へ入浴、自家用車両が車上荒らしに遭い、共済契約の内容が記載された資料が盗まれたと発表した。書類はその後近くの水田にてバッグごと発見されている。

同組合によれば、被害に遭ったのは共済契約の内容が記載された組合員15名分の「共済保障点検書」。担当職員が組合員宅を訪問し、その後支店に立ち寄らず、近くの温泉で入浴していたところ車上荒らしに遭ったという。

職員はなくなっていることに気が付き、バッグを探したが発見できず、盗難届を提出。その後10月7日に現場付近にて発見され、問題となった書類はすべて回収された。同組合では、該当する組合員に対し事情説明と謝罪をするとともに、持ち出した資料は常時携帯するよう義務付けて、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大