Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

温泉入浴中に共済の契約内容が記載された書類を盗まれる

香川県農業協同組合は、10月5日の夜にかけて、円座支店の職員が帰宅途中に温泉へ入浴、自家用車両が車上荒らしに遭い、共済契約の内容が記載された資料が盗まれたと発表した。書類はその後近くの水田にてバッグごと発見されている。

同組合によれば、被害に遭ったのは共済契約の内容が記載された組合員15名分の「共済保障点検書」。担当職員が組合員宅を訪問し、その後支店に立ち寄らず、近くの温泉で入浴していたところ車上荒らしに遭ったという。

職員はなくなっていることに気が付き、バッグを探したが発見できず、盗難届を提出。その後10月7日に現場付近にて発見され、問題となった書類はすべて回収された。同組合では、該当する組合員に対し事情説明と謝罪をするとともに、持ち出した資料は常時携帯するよう義務付けて、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意