Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

南日本銀行、FAX誤送信で個人情報を流出

南日本銀行は、顧客37名分の個人情報が記載された内部書類を、9月27日に誤って外部へファックス送信したと発表した。

同行によれば、誤送信された書類には顧客37名分のカナ氏名と、銀行の内部管理用として使用している顧客番号および融資口座番号などが記載されていた。判明後ただちに誤送信先へ連絡し、謝罪するとともに書類の返却を要請した。同書類は同日中に全て回収できたという。

同行では、流出の対象となった顧客に対し事実説明と謝罪をした。また、顧客情報管理の重要性について意識を高め、管理体制をさらに強化して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
5月のDDoS攻撃、件数は減少するも攻撃規模は拡大 - IIJレポート
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE