Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住友林業、顧客情報120件を記載した手帳を紛失

住友林業は、埼玉住宅営業部に所属する営業担当者が、9月3日に顧客の個人情報120件分を記した手帳を紛失したと発表した。

同社によれば、紛失したのは営業目的で作成した顧客リスト。ただちに紛失届を提出するとともに、該当する顧客に対し、電話や個別訪問により事実説明と謝罪をしているという。

同社では、持ち出す個人情報は当日使用する分に限定し、必要以上の個人情報は外に持ち出さないことや、短時間でも個人情報の含まれるものを目の届かないところに置かないなど、社内ルールの再徹底を行って再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

叙勲候補者の個人情報をメール誤送信 - 愛知県
ブロッコリー通販サイトでアクセス障害 - ツールによる大量アクセスで
コピー書類のマスキングを支援、複合機用アプリ - リコー
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論