Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

目立つ「ボット」の被害報告、8月だけで300種類発見 - トレンドマイクロ8月度レポート

トレンドマイクロは、日本国内における、2005年8月度のコンピュータウイルス感染被害報告件数マンスリーレポートを発表した。

同レポートによれば、8月のウイルス感染被害の総報告数は2495件で、7月の2295件からわずかに増加した。目立っているのは「ボット」の報告で、全体の報告数の1割程度を占めており、8月だけでも300種類以上が発見された。また、ウイルス1種類ごとの報告件数は減少しており、被害の分散傾向がうかがえるという。

8月14日に登場した「WORM_ZOTOB.A」は、8月10日に公開されたWindowsのセキュリティホール「MS05-039」を悪用し、ネットワークを通じて感染を広げるウイルス。国内での影響はわずかだったものの、セキュリティホールが公開されてから4日間でそれを悪用したウイルスが登場したということで、ユーザーがセキュリティパッチを適用する猶予期間がますます短くなってきたことを印象づけた。

(Security NEXT - 2005/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など