Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京ガス、「作図受発注システム」への不正アクセスが発生

東京ガスは、同社の子会社が外部レンタルーサーバにて運用している「作図受発注システム」において、不正アクセスが発生したと発表した。同システムには、27名分の顧客情報が登録されていたという。

同システムは、温水システムの設置に関する作図業務を委託している協力企業と、作図指示書の受け渡しを行うためのもの。同社によれば、2885件の作図指示書が登録されており、そのなかに27名分の顧客の住所、氏名などが含まれていた。不正アクセスによる顧客情報の閲覧については、アクセス状況、登録データの内容からその可能性は低いとしつつも、完全に否定はできないとしている。

同社では、2005年6月に発生した外部レンタルサーバ本体への不正アクセスにより、サーバ管理者のIDが盗まれたことが今回の不正アクセスの原因ではないかとしている。同社では該当する27名の顧客に個別に連絡し、事実説明と謝罪をした。また、登録されているデータの消去を行った。

同社では再発防止策として、同システムに住所や氏名などの情報を入力しないよう周知徹底を図るとともに、セキュリティレベルのより高いサーバへの変更を実施するとしている。

(Security NEXT - 2005/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町