Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京ガス、「作図受発注システム」への不正アクセスが発生

東京ガスは、同社の子会社が外部レンタルーサーバにて運用している「作図受発注システム」において、不正アクセスが発生したと発表した。同システムには、27名分の顧客情報が登録されていたという。

同システムは、温水システムの設置に関する作図業務を委託している協力企業と、作図指示書の受け渡しを行うためのもの。同社によれば、2885件の作図指示書が登録されており、そのなかに27名分の顧客の住所、氏名などが含まれていた。不正アクセスによる顧客情報の閲覧については、アクセス状況、登録データの内容からその可能性は低いとしつつも、完全に否定はできないとしている。

同社では、2005年6月に発生した外部レンタルサーバ本体への不正アクセスにより、サーバ管理者のIDが盗まれたことが今回の不正アクセスの原因ではないかとしている。同社では該当する27名の顧客に個別に連絡し、事実説明と謝罪をした。また、登録されているデータの消去を行った。

同社では再発防止策として、同システムに住所や氏名などの情報を入力しないよう周知徹底を図るとともに、セキュリティレベルのより高いサーバへの変更を実施するとしている。

(Security NEXT - 2005/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Emotet」に近接「Wi-Fi」経由で感染を拡大する機能
「EC-CUBE」のセキュリティ状況をチェックできる無料ツール
一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
県立高校で個人情報含む教務手帳が所在不明 - 岐阜県
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
山手線車内で生徒情報など鞄ごと紛失、盗難か - 筑波大付属高