Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユーザーの不安をあおる新手のスパムメールも - クリアスウィフト調査

クリアスウィフトは、2005年7月のスパム分類統計を発表した。ユーザーの不安をあおって安全関連商品を売り込もうとする新たなスパムメールが発見されたという。

同調査によれば、ヘルスケア商品の売り込みが全スパムメールの約40%、金融関連のものが36%と、依然としてグラフの上位を占めている。ソフトウェアスパムも31%で増加傾向にある。ポルノ関連のメールは3.6%で、先月から引き続き低調だという。

また今回、ユーザーの不安をあおって安全関連商品を売り込もうとするスパムメールが初めて見つかった。「ポルノ情報から子供を守りましょう」や「あなたは気付かなくても、向こうはあなたを見ているのです」などの件名で不安をあおり、セキュリティ製品を買わせようとする。これまでのスパムとは異なる内容であるため、注意が必要だとしている。

(Security NEXT - 2005/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Chrome」のアップデートがリリース - GPUにおけるUAFの脆弱性を解消
クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研
C2Cの違法取引を監視する新サービス - イー・ガーディアン
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
OpenSSLに複数脆弱性、アップデートで解消 - 「PORTSMASH」にも対応