Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

画像をクリックしただけで架空請求「ワンクリック詐欺」 - IPAが注意喚起

IPAは、画像をクリックしただけで架空請求が行われる「ワンクリック詐欺」が増加しているとして注意を呼びかけている。

IPAによれば、パソコンや携帯電話で出会い系サイトやアダルトサイトなどを訪問し、画像をクリックすると「入会ありがとうございます」などと画面に表示され、料金が請求されるケースが目立っているという。

同機構では、利用契約が成立するためには、料金が明示された上で利用の意思確認が行われる必要があり、それらを明示していない場合であれば、画面をクリックしただけでは契約自体が不成立である可能性が高いとしている。

また、「個人情報を取得済み」として強引に支払いを迫るケースも多いが、ただ単にアクセスした場合に取得できる情報は、IPアドレスや利用しているプロバイダ名、使用しているOSといった限られた情報にすぎず、個人を特定できることはなく、ほとんどのケースにおいて無視しても問題ないとしている。

支払いについて心配がある場合、消費生活センターや国民生活センター、弁護士などへ相談し、しつこい請求などがある場合は警察へ相談するよう勧めている。

一方、スパイウェアなどの不正プログラムによって、メールアドレス情報が詐取され、料金支払いの督促メールが送られてくる事例や、デスクトップ上に請求書というファイルが作成されるケースもある。セキュリティソフトウェアを利用し、ウイルスやスパイウェアなどに感染していないか確認するようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2005/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AIの最新動向を解説した「AI白書2020」 - IPA
受験生に対するメールで送信ミス、メアド流出 - 琉球大
顧客情報含むUSBメモリを一時紛失 - セントラル警備保障
公的機関の新型コロナ注意喚起に見せかけた偽メールに注意
4月開催「Interop Tokyo 2020」が中止に - コロナ状況の見通し立たず
患者情報の誤送信で医師を懲戒処分 - 横浜市立大病院
がん患者情報を誤送信、煩雑さ避けるため個人情報記載 - 横浜市立大病院
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE
【追記あり】JSSEC、「セキュリティフォーラム2020」を3月に開催
JSSECら、新型コロナ対応で3月開催イベントを自粛