Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メールの問い合わせが92%減少 - NTTドコモレポート

NTTドコモは、迷惑メール対策への取り組みと現状についてまとめたレポートを発表した。問い合わせ件数は、迷惑メール最盛期の2001年6月から約92%減少したという。

同社ではこれまで、迷惑メールを送信させない、受信させない、受け取らない機能を提供するという3つの基本方針に基づき、対策を行ってきたという。その結果、ユーザーからの問い合わせ件数は2005年6月時点で約1万1900件となり、過去最も多かった2001年6月の約14万4800件と比較すると、約92%の減少になった。

アドレス開拓のためパソコンから大量に送られる宛先不明メールは、iモードサーバの受信ブロックにより、最盛期では1日平均約8億通だったのが、2005年6月時点では約700万通に減少。また、ドコモの携帯電話から送信される迷惑メールの送達件数は、1日当たり0.02通でほぼ0に近い数字となっている。

契約約款に基づく利用停止などの措置は、2005年6月末時点で累計6674回線に及ぶ。また、実態調査アンケートでは、約70%のドコモユーザーが、迷惑メールは「過去3カ月全く届いていない」と答えたという。

(Security NEXT - 2005/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装