Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

佐賀銀行、利用明細を誤交付

佐賀銀行は、福岡支店において書類の誤交付により個人情報が流出したと発表した。

同行によれば、誤交付書類はネットバンクサービス「ファームバンキングデータ受付明細表」4枚で、法人名や75名分の氏名、顧客番号、取引銀行名、支店名、口座番号、金額などが含まれていた。

誤交付先の指摘により判明し、すぐに回収したため、情報の二次流出や二次被害等のおそれはないとしている。同行では、関係者に対して事故の経緯や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2005/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
イベント出展団体へのメールで誤送信、謝罪で再度ミス - 東京都
日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性
誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT
地方公共団体におけるセキュリティポリシーガイドラインを改定 - パブコメ実施
乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle
BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超