Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メールに反応してしまったユーザーは12.7% - アイシェア調査

アイシェアは、同社が提供しているメール転送サービス「CLUB BBQ」の無償利用ユーザーを対象に、「国内の迷惑メール」に関する調査を実施し、その結果を発表した。

同調査は、2005年7月12日から13日までの24時間、メール告知と非公開型ネットアンケート方式で実施された。対象者は3000人で、男女比率は男性69.5%、女性30.5%となっている。

同調査によれば、受信している迷惑メールの数が「増えたと思う」と答えたのは42.6%で、「変わらないと体感する人」との回答も33.6%を占めた。対処法については、「件名で判断して捨てる」が58.3%で最も多かった。

一方、フィッシングメールや詐欺メールに返信したりURLをクリックした経験のある人は12.7%だった。その結果「アダルトページが表示」が36.1%、次いで「出会い系ページが表示」が26.9%だった。また、「架空請求」を行われたユーザーも24.1%と高い割合を示した。

(Security NEXT - 2005/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NECとシスコ、重要インフラ向け機器に真正性のチェック機能
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却
マルウェア「LODEINFO」を検知 - JPCERT/CCが解析情報を公開
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表
SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
複数の脆弱性に対処した「PHP」のアップデートが公開