Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャパンネット銀行、スパイウェアによる不正振込額は400万円弱

ジャパンネット銀行は、スパイウェアの情報詐取による不正取引の状況を公開した。

同行によれば、7月12日現在6件の被害が発生しており、合計金額は379万6000円に上った。顧客からの連絡により不正利用が判明。警察へ被害届を提出、捜査へ全面的に協力しているという。

犯行手口は、スパイウェアが仕組まれたメールが送りつけられ、パソコン内のパスワード、暗証番号などを詐取され、被害者に成りすました上で不正な振り込みなどが行われている。同行では、被害額を全額を補償する方針。

同行では、新たなセキュリティ強化策として、携帯電話による振込ロック機能および振込出金限度額の即時変更機能を7月21日に導入する予定。また、8月より年間300万円を限度とした不正振込専用保険の導入するとしている。保険料は同行が負担する。

(Security NEXT - 2005/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT