Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、6月のウイルス検知状況を発表 - トロイの木馬がトップ10の主流

マカフィーは、2005年6月におけるコンピュータウイルスの検知状況を発表した。

同発表によれば、検知企業数および検知マシン数で、先月に引き続き脆弱点を狙うトロイの木馬がトップ10の主流を占めた。また、「Netsky」も2種がトップ10入りしている。

企業数、マシン数ともにトップの「bo:heap」はウイルスではなく、ヒープメモリーのバッファオーバーフローを引き起こす脆弱性。同社では、Microsoftのパッチ情報をこまめにチェックして、パッチが提供された場合は速やかに適用するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も