Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友銀行、約6万件の顧客情報が記録されたマイクロフィルムなどを紛失

三井住友銀行は、全店において、顧客情報が含まれる各種資料の保管状況を調査したところ、153カ店で合わせて6万1405件の顧客情報が記録されたマイクロフィルムなどの紛失が判明したと発表した。

同行によれば、紛失したのはマイクロフィルムに記録されていた5万7126件、各種申込書に記載されていた422件、およびその他の資料に記載されていた3857件の顧客情報で、氏名、口座番号、預金残高などが含まれていた。

6月30日時点では発見されていないが、内部調査の結果、行内で誤って破棄した可能性が高いという。同行では、専用の問い合わせ窓口を設置して対応するとともに、再発防止に向け、顧客情報の管理を再度徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化