Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

あぶくま信金、6万8600件の個人情報を紛失

あぶくま信用金庫は、顧客の個人情報などが記載されているデータを紛失したと発表した。

金融庁では、金融機関を対象に個人情報の管理体制の一斉点検を要請しており、同庫においても点検を実施したところ、1984年から1995年までの一部データが記録されたコムフィッシュと呼ばれる記録媒体56枚を紛失していることが判明したという。コムフィッシュとは、取引内容等を記録した内部管理資料で同庫では約12万7千枚を保有している。

個人情報が含まれるデータは、のべ6万8600件で、氏名、残高、口座番号、取引内容などが記録されていたという。また、氏名の記載がない情報についても、のべ1万7844件が記録されていた。同庫では、誤って廃棄した可能性が高いとしており、漏洩の危険は低いとしている。

(Security NEXT - 2005/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足