Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スルガ銀行、68件の顧客情報が記載された書類を紛失

スルガ銀行は、6月8日の同社およびスルガカードとジェーシービーとの書類受け渡しにおいて、68件の顧客情報が記載された書類を紛失したことが判明したと発表した。

同行によれば、紛失したのはJCBカードの住所変更や退会などの諸届けに関する書類、および電話での受付票で、スルガ銀行会員とスルガカード会員合わせて68件分の氏名、住所、電話番号、カード番号などの個人情報が記載されていた。現在も捜索は続けられているが、6月19日時点では発見されていない。

同行では、被害に遭った顧客に対し事実説明して謝罪。クレジットカードを安全に利用するため、具体的な対応方法についても説明しているという。また再発防止に向け、さらなる個人情報の管理体制の徹底に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

佐賀県教委、10項目のセキュリティ対策実施計画を策定
NECネッツエスアイ、ウェブ閲覧を保護するサービス
第1回「情報処理安全確保支援士試験」の申込受付がスタート
IPAら、「セキュリティ・キャンプフォーラム2017」を開催
「NEXON」装うフィッシングが再発 - 2016年末と同じ文面
無償脆弱性緩和ツールの新版「EMET 5.52」がリリース
Office利用者狙うフィッシング、国内から3000件以上のアクセス
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 72時間以内に更新を
サイボウズの「リモートサービスマネージャー」に脆弱性
厚労省、個人情報含む文書を誤送信