Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スルガ銀行、68件の顧客情報が記載された書類を紛失

スルガ銀行は、6月8日の同社およびスルガカードとジェーシービーとの書類受け渡しにおいて、68件の顧客情報が記載された書類を紛失したことが判明したと発表した。

同行によれば、紛失したのはJCBカードの住所変更や退会などの諸届けに関する書類、および電話での受付票で、スルガ銀行会員とスルガカード会員合わせて68件分の氏名、住所、電話番号、カード番号などの個人情報が記載されていた。現在も捜索は続けられているが、6月19日時点では発見されていない。

同行では、被害に遭った顧客に対し事実説明して謝罪。クレジットカードを安全に利用するため、具体的な対応方法についても説明しているという。また再発防止に向け、さらなる個人情報の管理体制の徹底に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も