Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スルガ銀行、68件の顧客情報が記載された書類を紛失

スルガ銀行は、6月8日の同社およびスルガカードとジェーシービーとの書類受け渡しにおいて、68件の顧客情報が記載された書類を紛失したことが判明したと発表した。

同行によれば、紛失したのはJCBカードの住所変更や退会などの諸届けに関する書類、および電話での受付票で、スルガ銀行会員とスルガカード会員合わせて68件分の氏名、住所、電話番号、カード番号などの個人情報が記載されていた。現在も捜索は続けられているが、6月19日時点では発見されていない。

同行では、被害に遭った顧客に対し事実説明して謝罪。クレジットカードを安全に利用するため、具体的な対応方法についても説明しているという。また再発防止に向け、さらなる個人情報の管理体制の徹底に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「iOS 10.3」をリリース - 84件の脆弱性を修正
JNSA、セキュリティ学べるカードゲーム「セキュリティ専門家 人狼」を発売
ランサムウェア攻撃が前年比167倍に - 「RaaS」普及が急増を後押し
設定ミスでDBから顧客情報流出の可能性 - マーケティング会社
4社に3社が過去1年間にインシデントを認知 - 標的型攻撃は8社に1社
入試結果など個人情報含む書類を紛失 - 大手前大
印影など顧客情報含む約5000件の書類が所在不明 - 大和証券
NEC、月額制のクラウド型IRMソリューションを6月より提供開始
JINS通販サイトで個人情報が流出か - 「Apache Struts 2」脆弱性が再度原因に
イベント来場者への礼状メールを誤送信 - シャープ