Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スルガ銀行、68件の顧客情報が記載された書類を紛失

スルガ銀行は、6月8日の同社およびスルガカードとジェーシービーとの書類受け渡しにおいて、68件の顧客情報が記載された書類を紛失したことが判明したと発表した。

同行によれば、紛失したのはJCBカードの住所変更や退会などの諸届けに関する書類、および電話での受付票で、スルガ銀行会員とスルガカード会員合わせて68件分の氏名、住所、電話番号、カード番号などの個人情報が記載されていた。現在も捜索は続けられているが、6月19日時点では発見されていない。

同行では、被害に遭った顧客に対し事実説明して謝罪。クレジットカードを安全に利用するため、具体的な対応方法についても説明しているという。また再発防止に向け、さらなる個人情報の管理体制の徹底に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報保護委、個人データ漏洩時の対応方法示す - パブコメに117件の意見
ラック、茨城県警のサイバーセキュリティ対策に協力
イベントチラシに一般出演者の氏名掲載でトラブル - 横浜市
脆弱性学習ツール「AppGoat」が再度アップデート - 一部修正が不十分で
組込機器やIoTシステム向けに「KasperskyOS」 - ポリシーで動作を限定
「自動車重量税納付書」を保管期限前に誤廃棄 - 国交省
約2000人分のマイナンバーを誤通知 - 表計算ソフトの操作ミスで
8割超のSOC、成熟度レベル低く脆弱 - HPE調査
「ランサムウェア」被害に身代金払う、25人に1人
WordPressに対する改ざん攻撃、「コード実行」狙いも