Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

信金中央金庫、996件の顧客情報が記載された書類を紛失

信金中央金庫は、6月14日に803取引先、のべ996件の顧客情報が記載された書類を紛失したと発表した。

同庫によれば、紛失したのは「外国通貨・旅行小切手売却依頼書」や「購入契約書」など、外貨両替取引に伴う顧客情報803先、のべ996件が記載された書類で、氏名、住所、電話番号、通貨種類、取引金額などの個人情報が含まれていた。

同庫では、誤ってほかの廃棄物と一緒に処理してしまったとみて、ただちに廃棄物回収業者に廃棄経路を確認したところ、他の廃棄物とともに圧縮処理された状態にあることが判明したという。

同庫では、該当する顧客に対し事実説明と謝罪を行うとしている。また、文書や資料管理において、役職者による関与を増やす、職員によるダブルチェックを励行するなど規程を改正して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割