Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

信金中央金庫、996件の顧客情報が記載された書類を紛失

信金中央金庫は、6月14日に803取引先、のべ996件の顧客情報が記載された書類を紛失したと発表した。

同庫によれば、紛失したのは「外国通貨・旅行小切手売却依頼書」や「購入契約書」など、外貨両替取引に伴う顧客情報803先、のべ996件が記載された書類で、氏名、住所、電話番号、通貨種類、取引金額などの個人情報が含まれていた。

同庫では、誤ってほかの廃棄物と一緒に処理してしまったとみて、ただちに廃棄物回収業者に廃棄経路を確認したところ、他の廃棄物とともに圧縮処理された状態にあることが判明したという。

同庫では、該当する顧客に対し事実説明と謝罪を行うとしている。また、文書や資料管理において、役職者による関与を増やす、職員によるダブルチェックを励行するなど規程を改正して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「7pay」不正利用被害、1574人3240万円を認定
FAX番号誤記載で個人情報が第三者へ - 群馬県の技専
当選賞品を宛名と異なる住所へ送付 - 九州電力
テスト用メルアカに不正アクセス - 小松島市
3割がフェイクニュースに騙された経験 - 「見破る自信がない」7割
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS