Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立がんセンターの患者情報が流出 - 神奈川

神奈川県立がんセンターの患者情報が流出したことが13日にわかった。

同センターへ勤務する医師が患者データを研究のために自宅へ持ち帰り、パソコンに保存していたが、同パソコンが盗難被害に遭ったものだという。

患者データには、氏名や年齢のほか、手術の内容など個人情報約2000件が保存されていたという。また、パソコンには同センターの医師やセンター以外の病院における治療記録なども記録されていた。

(Security NEXT - 2005/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正