Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイケル・ジャクソンが自殺未遂と偽って悪意あるサイトに誘導 - ソフォスが警告

ソフォスは、マイケル・ジャクソンさんが自殺したという嘘の情報で、ウイルスを感染させるサイトに誘導しようとするスパムメールが出回っているとして、注意を喚起している。

同社によれば、メールにはマイケル・ジャクソンさんが自殺を図ったとあり、文末のリンクをクリックすると、ユーザーのコンピュータに悪質なコードをインストールするウェブサイトに繋がる。リンク先のサイトでは、ビジー状態であるというメッセージが表示されるが、その背後でユーザーの知らないうちに、不正なプログラムがダウンロードされているという。

ウイルス作成者は、有名人のスキャンダルでユーザーの気を引いて感染させようとすることがあるため、内容にかかわらず、不審なメールには十分注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ