Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、5月のウイルス検知状況を発表 - トロイの木馬が引き続き増加

マカフィーは、2005年5月におけるコンピュータウイルスの検知状況を発表した。

同発表によれば、脆弱点を狙うトロイの木馬が引き続き増加中で、検知企業数トップ10と検知マシン数トップ10に占める割合が、先月の7種から8種に増えた。

企業数およびマシン数ともに1位の「Exploit-MhtRedir.gen」にはブラウザを特定サイトにリダイレクトする機能があり、ハッキングされて感染したサイトを多くのユーザーが閲覧し、感染が拡大した可能性があるという。

また、「Mytob」の亜種が多く発見されており、同日に複数種発見されることもある。この亜種は、ウイルスベンダー各社の最新のウイルス定義ファイルを通過することを確認したうえでばらまかれており、日々更新される定義ファイルでは間に合わないケースも考えられるという。

(Security NEXT - 2005/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず