Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル交換ソフト利用者は約130万人 - ACCSら調査

コンピュータソフトウェア著作権協会と日本レコード協会は、2005年1月に実施した「ファイル交換ソフト利用実態調査」の結果を発表した。

同調査によれば、調査時点でファイル交換ソフトを「現在利用」している人は、インターネット利用者の2.7%、「過去に利用」の経験がある人は6.3%となった。これを利用者数に換算すると、「現在利用」は約127万4000人、「過去利用」は約297万3000人となる。

利用したことのあるファイル交換ソフトは「WinMX」が69.8%で最も多く、次いで「Winny」の49.8%となっている。また、現在利用者が過去1年間にダウンロードしたファイル総数は平均236ファイルで、コンテンツ種類別内訳は「音楽関連」95.2、「映像関連」90.5、「写真関連」40.6となっている。そのうち音楽ファイルの90%、映像ファイルの86%が、著作権利者の許諾がないと推定されるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社