Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル交換ソフト利用者は約130万人 - ACCSら調査

コンピュータソフトウェア著作権協会と日本レコード協会は、2005年1月に実施した「ファイル交換ソフト利用実態調査」の結果を発表した。

同調査によれば、調査時点でファイル交換ソフトを「現在利用」している人は、インターネット利用者の2.7%、「過去に利用」の経験がある人は6.3%となった。これを利用者数に換算すると、「現在利用」は約127万4000人、「過去利用」は約297万3000人となる。

利用したことのあるファイル交換ソフトは「WinMX」が69.8%で最も多く、次いで「Winny」の49.8%となっている。また、現在利用者が過去1年間にダウンロードしたファイル総数は平均236ファイルで、コンテンツ種類別内訳は「音楽関連」95.2、「映像関連」90.5、「写真関連」40.6となっている。そのうち音楽ファイルの90%、映像ファイルの86%が、著作権利者の許諾がないと推定されるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ