Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融やISMS認証取得企業のサイトにも脆弱性 - ラック調査

ラックは、ホームページの脆弱性状況をまとめたレポート「ホームページからの情報漏洩に対する脅威の現状」を公開した。

同レポートは、同社のコンピュータセキュリティ研究所が122社を対象に実施したウェブアプリケーションの検査の結果や、約200社を対象としたセキュリティ監視、実際の個人情報漏洩事件の結果などをまとめたもの。

同レポートによれば、ほとんど全てのウェブサイトにおいて何らかの脆弱性が発見されたという。クロスサイトスクリプティングが67%と最も多く、セッションの管理不備も61%あったという。情報漏洩の可能性があるインジェクション系の不備も約4割あった。

金融やネットショップといったサイトにもこれら脆弱性があり、利用者に深刻な被害をもたらす可能性があるとして注意を促している。また、プライバシーマークやISMSを取得している企業においても、多数脆弱性が見つかったとしている。

攻撃の標的は、6割以上がウェブサービスを対象としたもので、ウェブアプリケーションに対する攻撃も増加傾向にあるという。攻撃ツールの流通や、一般的なサーバのセキュリティが向上し、脆弱性が減少傾向にあることなどがウェブアプリケーションへの攻撃増加に関係しているのではないかと結論づけている。

(Security NEXT - 2005/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開
「Firefox 64」がリリース - 深刻な脆弱性などを修正
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ