Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

hi-ho、PCのウイルス感染により一部の顧客にウイルスメールを送信

パナソニック ネットワークサービシズは、同社が運営するインターネット接続サービス「hi-ho」において、顧客対応用パソコンのウイルス感染により、一部ユーザーへウイルスメールを配信したと発表した。

同社によれば、5月9日、顧客対応用パソコンがウイルス「WORM_MYTOB.ED」に感染し、履歴に残っていた一部ユーザーのアドレスへウイルスメールを配信したという。同ウイルスは、添付ファイルを開くことにより感染し、送信元は詐称されている。

感染したパソコンについては、ウイルス削除および復旧を行い、正常化したという。同社では、ウイルスメールを配信したユーザーに対して、ファイルを開かずに削除するよう求めるとともに、すでに感染している場合には、パソコンをネットワークから切り離した上で、同社インフォメーションデスクまで相談するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
クレカ会員向けサービスにPWリスト攻撃、ポイント交換も - ジャックス
アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か