Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、個人情報漏洩でNTTドコモに行政指導 - ガイドラインに違反

総務省は、2月に発生したNTTドコモの個人情報流出事件を受け、28日付けで個人情報の適正な管理の徹底を文書により指導した。

2005年2月、NTTドコモから約2万4千件の個人情報が流出した事件について、概要や経緯、従来の個人情報管理体制、再発防止策及び利用者対応策などを報告するよう求めていたが、4月26日付けで同社より同省へ報告があった。

総務省では、報告から同社において顧客リストの管理及び持ち出し手段の制限措置が不十分であった点や、委託先への管理体制も不十分であったことが認められたという。同省では「電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン」へ違反しているとして、遺憾の意を表明。再発防止に努めるよう厳重注意した。また、引き続き個人情報の流出原因の究明や、利用者の対応、安全管理の徹底など指導した。

同省では、電気通信事業者の保有する個人情報の適正な取扱いを確保するため、引き続き、必要な指導・監督に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず