Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、情報漏洩の原因を特定するログ検索ツールを発売

デジタルアーツは、情報漏洩が発生した場合、その原因を特定するためのログ絞込検索ツール「i-フィルター Log Search」を、2005年4月26日より発売する。

同製品は、ウェブメールや掲示板などウェブ経由の情報漏洩が発生した場合、その原因と思われる特定の問題行動を、アクセス記録から探し出すソフト。同社のウェブフィルタリングソフト「i-フィルター」が出力した全てのアクセスログから、指定した条件を満たす行動を特定することができる。

「誰が」「何時頃に」「どんなカテゴリに」「どんなURLにアクセスしたか」などの多様な条件で検索することにより、特定の情報が「どの端末から」「何時に」流出したか、データベースなどを用いることなく見つけ出すことができる。価格は、ライセンスごとに異なる。参考価格は、500ライセンスで16万2500円となっている。

(Security NEXT - 2005/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中