Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、ウェブとUSBメモリで機密情報の流出を防ぐ新製品

NTTコミュニケーションズは、専用USBメモリとウェブサービスを組み合わせることで、個人情報など機密情報をセキュアに持ち出すことができる「セキュアUSBメモリサービス」を3月25日から提供開始する。

同社が開発した「秘密分散システム」を用いたもので、ウェブサービスにより、重要情報をひとつでは意味をなさない3つのデータに分散して保存。そのうちの2つから元の情報に復元する。

分散したデータはウェブと専用USBメモリに自動保管し、他のひとつをノートPCやメール添付することで、専用USBメモリと別々に持ち出すことで、移動中の情報漏えいを防止する。また、データを紛失した際も専用ウェブサイトから、紛失データの再ダウンロードしたり、紛失データの無効化、新たな分散データの作成が可能。

専用ウェブサイトとのデータの送受信には、同社が提供するICカード認証を用いたインターネットVPNサービス「セーフティパスビジネス」を利用することで安全を確保するという。

(Security NEXT - 2005/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも