Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SuicaやFeliCaでログインや暗号化を実現 - 日商エレ

日商エレクトロニクスとシステムニーズは、Suicaなど非接触型カードを本人認証装置として利用できるセキュリティ製品「WinSafe VETM v.4.0 for FeliCa/Edy」の販売を3月25日より開始する。価格は17850円。

「WinSafe VETM v.4.0 for FeliCa/Edy」は、非接触型カードとカードリーダー「パソリ」によりアクセス制御や暗号化を実現する製品。自動ログオン、ログオフ、スクリーンセーバロック、データの暗号復号、使用者の制限、パソコンの出力制限、シングルサインオン機能、そのほか電子証明書機能などを搭載した。

本人認証装置としては、JRで利用されているSuicaやEdyカード、金融機関向けJavaカードなど非接触型カードに対応しており、単独または組み合わせて利用できる。

専用アプリケーションでセキュリティレベルを設定するだけで本人認証の精度を自由に選択できるほか、プログラムの置き換えやバイパスに対する対策やパスワードを盗み取るフィッシャ対策機能を標準で搭載している。

USBトークンタイプのICカードを認証装置とした「WinSafe VETM v.4.0 for e-gate(17640円)」を用意している。

(Security NEXT - 2005/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT