Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスドクターの最新版が登場 - 個人情報の不正送信をブロック

デジターボは、同社ウイルス対策ソフト「ウイルスドクター」の最新版「同Ver.9」と「同Ver.9 +ファイアウォール」を4月22日より発売する。価格はそれぞれ3129円、4179円。

最新版では、プライバシー保護機能を強化。特定キーワードを送信する際、警告できるようになった。また、パスワードによるロック機能も追加されている。

そのほか、パソコン起動時に自動で定義ファイルや最新版の有無を確認する機能や、更新時にバックグラウンドで動作し、パソコン操作に影響を及ぼさないサイレントアップデート機能を搭載した。

「ウイルスドクター2004」シリーズのユーザーに対しては無償アップグレードサービスを提供する予定。発売日以降に通常の更新機能を利用することで最新バージョンへアップグレードできる。

(Security NEXT - 2005/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン