Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アーケード用ゲームの海賊版を販売 - 大学院男性を起訴

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、群馬県前橋地検は、オークションサイトを介してアーケード用ゲームの海賊版を販売していた中国籍の大学院男性を、著作権法違反の罪で起訴した。

男性は2004年7月ごろ、SNKプレイモアの「餓狼伝説」など10タイトルのゲームソフトを無断で複製し、「ヤフーオークション」を介して募集した客4人に対して、6000円から6200円で通信販売していたとして、2005年2月7日、群馬県警と大胡署に逮捕されていた。

また同協会によれば、男性は、ゲームセンターなどに置かれる「アーケードマシーン」用のソフトの海賊版計5082タイトルとともに、これらをパソコンで稼働させるための「エミュレーター」ソフトも無断複製して販売していたという。

(Security NEXT - 2005/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化