Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング詐欺の踏み台にされないためには - JPCERT/CC

JPCERT コーディネーションセンターは、サーバに第三者が侵入し、フィッシング詐欺の踏み台サーバにされたとの報告が多数寄せられているとして、注意を喚起している。

同センターによれば、特にOSとしてLinuxが使われ、且つOpenSSHやtelnetdを使ってリモートアクセスを許可している常時接続のサーバに第三者が侵入し、フィッシング詐欺の踏み台にされるケースが多いという。

同センターでは予防方法として、不要なサービスを停止する、サービスを提供する範囲を制限する、ユーザーアカウントの管理を強化するなどを挙げている。また、対策を検討する際に参考となるサイトのURLを紹介している。

さらに、管理対象のホストにフィッシングの踏み台サーバにされた疑いがある場合、または実際に踏み台にされた場合には、公開されているURL文書を参照して速やかに対処するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

リース返却後の内部情報入りHDDがオークションに - 神奈川県
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
「UCカード」利用者狙うフィッシング攻撃に注意
従業員が顧客へ他顧客情報を漏洩 - 北洋銀
人材育成と研究で「サイバーセキュリティセンター」開設 - 日立グループ
10月のDDoS攻撃、検出件数や最大攻撃規模が前月から上昇
一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
「HPE SAS SSD」が約3年9カ月で障害、データ回復不能に - 早急に更新を
自治体向けクラウド基盤で障害 - 9日の復旧目指す