Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

専門の相談部門設置で架空請求対策を強化 - 東京都

東京都は、手口が巧妙化し、被害も増え続けている「架空請求」への対策を強化するため、「架空請求緊急対策班」をあらたに設置すると発表した。

同対策班は、消費生活総合センター所長を班長とし、広報啓発部門、相談部門、規制部門の3部門から構成される。相談部門は、消費生活総合センター相談課が担当する。また、総務省や経済産業省などの関係省庁や警視庁、および携帯電話事業者、インターネット接続事業者などとも連携して対策に取り組む。

都はこれまで、警視庁と連携した広報活動や、消費生活条例に基づく架空請求事業者名の公表などを行ってきた。しかしその手口は、裁判所や法律事務所を装うなど悪質、巧妙化し、被害者も増え続けているため、同対策班を設置して取り締まりの強化を図るとしている。

(Security NEXT - 2005/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
6月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート
リフォーム情報サイトのメルアカに不正アクセス - スパム踏み台に
WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず