Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

専門の相談部門設置で架空請求対策を強化 - 東京都

東京都は、手口が巧妙化し、被害も増え続けている「架空請求」への対策を強化するため、「架空請求緊急対策班」をあらたに設置すると発表した。

同対策班は、消費生活総合センター所長を班長とし、広報啓発部門、相談部門、規制部門の3部門から構成される。相談部門は、消費生活総合センター相談課が担当する。また、総務省や経済産業省などの関係省庁や警視庁、および携帯電話事業者、インターネット接続事業者などとも連携して対策に取り組む。

都はこれまで、警視庁と連携した広報活動や、消費生活条例に基づく架空請求事業者名の公表などを行ってきた。しかしその手口は、裁判所や法律事務所を装うなど悪質、巧妙化し、被害者も増え続けているため、同対策班を設置して取り締まりの強化を図るとしている。

(Security NEXT - 2005/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ