Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

専門の相談部門設置で架空請求対策を強化 - 東京都

東京都は、手口が巧妙化し、被害も増え続けている「架空請求」への対策を強化するため、「架空請求緊急対策班」をあらたに設置すると発表した。

同対策班は、消費生活総合センター所長を班長とし、広報啓発部門、相談部門、規制部門の3部門から構成される。相談部門は、消費生活総合センター相談課が担当する。また、総務省や経済産業省などの関係省庁や警視庁、および携帯電話事業者、インターネット接続事業者などとも連携して対策に取り組む。

都はこれまで、警視庁と連携した広報活動や、消費生活条例に基づく架空請求事業者名の公表などを行ってきた。しかしその手口は、裁判所や法律事務所を装うなど悪質、巧妙化し、被害者も増え続けているため、同対策班を設置して取り締まりの強化を図るとしている。

(Security NEXT - 2005/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JPAAWGのイベントが11月に開催 - メールやメッセージのセキュリティを議論
金沢大のメルアカ乗っ取り、個人情報流出のおそれも
「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
「情報処理安全確保支援士会」が設立 - 会員募集をまもなく開始
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
「Chrome 77.0.3865.120」がリリース - 重要度「高」の脆弱性5件を修正
中国関与の「APT10」、マレーシアやベトナムの医療関連に攻撃展開
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
セキュ分野のキャリアパスグランドデザインで資料 - JNSA
効果的な情報共有について議論する国際シンポ - 11月に開催