Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハンモック、外部メディアへのデータ書き出しを防ぐ「Asset View HYPER G」を発売

ハンモックは、記録メディアへの書き込み等を禁止するソフトウェア「Asset View HYPER G」を3月31日より発売する。

同製品は、クライアントPCからCD-RやUSBメモリといった外部記録メディアへファイルの書き出しを禁止するソフトウェア。デバイス書き込み禁止設定がされると、あらゆる手段を用いても外部媒体へ持ち出しすることは不可能だという。

また、企業のセキュリティポリシーに沿ってデバイスをロックする事が可能。シリアルポートやパラレルポートからの情報の持ち出しも禁止できる。

同製品は、すでに同社が販売しているIT資産管理ツール「Asset View HYPER」シリーズのオプションとして提供される予定。

(Security NEXT - 2005/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
6月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート
リフォーム情報サイトのメルアカに不正アクセス - スパム踏み台に
WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍