Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハンモック、外部メディアへのデータ書き出しを防ぐ「Asset View HYPER G」を発売

ハンモックは、記録メディアへの書き込み等を禁止するソフトウェア「Asset View HYPER G」を3月31日より発売する。

同製品は、クライアントPCからCD-RやUSBメモリといった外部記録メディアへファイルの書き出しを禁止するソフトウェア。デバイス書き込み禁止設定がされると、あらゆる手段を用いても外部媒体へ持ち出しすることは不可能だという。

また、企業のセキュリティポリシーに沿ってデバイスをロックする事が可能。シリアルポートやパラレルポートからの情報の持ち出しも禁止できる。

同製品は、すでに同社が販売しているIT資産管理ツール「Asset View HYPER」シリーズのオプションとして提供される予定。

(Security NEXT - 2005/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装