Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、判定精度99.9999%のスパム対策製品をリリース

シマンテックは、「Symantec Premium AntiSpam」を3月14日より提供すると発表した。年間サービス加入料は、3200 円(10-24ライセンスの場合) 。

同製品は、「Symantec Mail Security」や「Symantec AntiVirus Enterprise Edition」の利用者向けオプションサービス。追加にあたっては管理作業やソフトウェアのインストール作業なども不要。

スパムシグネチャ、ヒューリスティックス、レピュテーションフィルター、言語特定ほかの独自に開発した技法など、20 種類以上のフィルタリング技術によりスパム防止、10 分ごとに自動更新を行う。

昨年同社が買収したBrightmailの技術力を活かしたもの。同社によれば、スパムの検知率は95%、判定精度にいたっては99.9999%で、エンタープライズ向けスパム防止製品の中で、有効性、精度において最高レベルにあるとしている。

(Security NEXT - 2005/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年末に「Flash」のサポート終了 - Adobeが表明
中小企業向けに改正個人情報保護法を解説 - チェックリストも
セキュリティ人材のキャリアパスや処遇改善など検討する「JTAG」 - 発起人会が発足
病院や施設など24サイトが改ざん - 北海道の医療法人
「ベネッセの介護相談室」が改ざん被害 - 外部サイトへ誘導
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
ALSI、夏休み限定でフィリタリングソフトを無償提供
2017年2Qの脆弱性登録は3511件 - 制御システム関連は上半期に67件
2件の脆弱性を解消した「Joomla! 3.7.4」がリリース - 複数バグにも対応
JPCERT/CC、「Mirai」被害低減や標的型攻撃情報共有などに貢献した専門家やCSIRTに感謝状