Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、判定精度99.9999%のスパム対策製品をリリース

シマンテックは、「Symantec Premium AntiSpam」を3月14日より提供すると発表した。年間サービス加入料は、3200 円(10-24ライセンスの場合) 。

同製品は、「Symantec Mail Security」や「Symantec AntiVirus Enterprise Edition」の利用者向けオプションサービス。追加にあたっては管理作業やソフトウェアのインストール作業なども不要。

スパムシグネチャ、ヒューリスティックス、レピュテーションフィルター、言語特定ほかの独自に開発した技法など、20 種類以上のフィルタリング技術によりスパム防止、10 分ごとに自動更新を行う。

昨年同社が買収したBrightmailの技術力を活かしたもの。同社によれば、スパムの検知率は95%、判定精度にいたっては99.9999%で、エンタープライズ向けスパム防止製品の中で、有効性、精度において最高レベルにあるとしている。

(Security NEXT - 2005/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
凸版印刷、パーソナルデータ利活用で米Planetwayと協業
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習サービスに「銀行版」 - カスペ
「Oracle WebLogic Server」狙う脆弱性攻撃を12月後半より観測 - 警察庁
「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表
「WannaCry」ではない「Eternalblue」「Doublepulsar」攻撃が増加 - 「MS17-010」適用の再確認を
北朝鮮関与のマルウェア「BADCALL」「HARDRAIN」が明らかに - Android向けRATも
「WordPress」の自動更新が不能となるバグ - 手動更新の対応を
個人情報盗むChrome拡張機能、公式ストアに89件 - 削除妨害機能も