Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、判定精度99.9999%のスパム対策製品をリリース

シマンテックは、「Symantec Premium AntiSpam」を3月14日より提供すると発表した。年間サービス加入料は、3200 円(10-24ライセンスの場合) 。

同製品は、「Symantec Mail Security」や「Symantec AntiVirus Enterprise Edition」の利用者向けオプションサービス。追加にあたっては管理作業やソフトウェアのインストール作業なども不要。

スパムシグネチャ、ヒューリスティックス、レピュテーションフィルター、言語特定ほかの独自に開発した技法など、20 種類以上のフィルタリング技術によりスパム防止、10 分ごとに自動更新を行う。

昨年同社が買収したBrightmailの技術力を活かしたもの。同社によれば、スパムの検知率は95%、判定精度にいたっては99.9999%で、エンタープライズ向けスパム防止製品の中で、有効性、精度において最高レベルにあるとしている。

(Security NEXT - 2005/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を