Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、判定精度99.9999%のスパム対策製品をリリース

シマンテックは、「Symantec Premium AntiSpam」を3月14日より提供すると発表した。年間サービス加入料は、3200 円(10-24ライセンスの場合) 。

同製品は、「Symantec Mail Security」や「Symantec AntiVirus Enterprise Edition」の利用者向けオプションサービス。追加にあたっては管理作業やソフトウェアのインストール作業なども不要。

スパムシグネチャ、ヒューリスティックス、レピュテーションフィルター、言語特定ほかの独自に開発した技法など、20 種類以上のフィルタリング技術によりスパム防止、10 分ごとに自動更新を行う。

昨年同社が買収したBrightmailの技術力を活かしたもの。同社によれば、スパムの検知率は95%、判定精度にいたっては99.9999%で、エンタープライズ向けスパム防止製品の中で、有効性、精度において最高レベルにあるとしている。

(Security NEXT - 2005/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大
患者の個人情報含むHDDが所在不明に - 相模野病院
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
IEに未修正の脆弱性、APT攻撃に悪用との指摘
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
セキュリティ対策の情報開示のあり方でパブコメ - 総務省
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸