Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、判定精度99.9999%のスパム対策製品をリリース

シマンテックは、「Symantec Premium AntiSpam」を3月14日より提供すると発表した。年間サービス加入料は、3200 円(10-24ライセンスの場合) 。

同製品は、「Symantec Mail Security」や「Symantec AntiVirus Enterprise Edition」の利用者向けオプションサービス。追加にあたっては管理作業やソフトウェアのインストール作業なども不要。

スパムシグネチャ、ヒューリスティックス、レピュテーションフィルター、言語特定ほかの独自に開発した技法など、20 種類以上のフィルタリング技術によりスパム防止、10 分ごとに自動更新を行う。

昨年同社が買収したBrightmailの技術力を活かしたもの。同社によれば、スパムの検知率は95%、判定精度にいたっては99.9999%で、エンタープライズ向けスパム防止製品の中で、有効性、精度において最高レベルにあるとしている。

(Security NEXT - 2005/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

三菱東京UFJ銀のAndroid向けネットバンキングアプリにPOODLEの脆弱性
TSS LINK、ファイル暗号化機能を組み込めるSDK
4社に3社が全社一貫のインシデント対応計画を持たず
パーソナルデータの利活用、「期待より不安」が過半数
市販スマホ監視アプリの開発会社関係者が逮捕
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール - LAN接続だけで利用可能
TCSI、秘密分散技術によるデータ分割ソリューション
委託先が求人情報メールを誤送信 - 埼玉県
「CTF for ビギナーズ 2016 FINAL」、SECCON決勝大会と同日開催
イラスト投稿サイト「pixiv」で不正ログイン - アカウント3646件で情報閲覧された可能性