Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、判定精度99.9999%のスパム対策製品をリリース

シマンテックは、「Symantec Premium AntiSpam」を3月14日より提供すると発表した。年間サービス加入料は、3200 円(10-24ライセンスの場合) 。

同製品は、「Symantec Mail Security」や「Symantec AntiVirus Enterprise Edition」の利用者向けオプションサービス。追加にあたっては管理作業やソフトウェアのインストール作業なども不要。

スパムシグネチャ、ヒューリスティックス、レピュテーションフィルター、言語特定ほかの独自に開発した技法など、20 種類以上のフィルタリング技術によりスパム防止、10 分ごとに自動更新を行う。

昨年同社が買収したBrightmailの技術力を活かしたもの。同社によれば、スパムの検知率は95%、判定精度にいたっては99.9999%で、エンタープライズ向けスパム防止製品の中で、有効性、精度において最高レベルにあるとしている。

(Security NEXT - 2005/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年1Qのフィッシングは34%減 - 国内でホストされたサイトが10倍超に
防衛装備庁の入札システムインストーラに脆弱性 - 修正版が公開
dit、「NIRVANA改」ベースの「WADJET」新版を提供 - ダークネットに対応
Sambaにリモートより攻撃可能な深刻な脆弱性 - 「同3.5」以降に存在
PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も
展示会案内メールの誤送信でメアド流出 - イベント企画会社
改正個人情報保護法施行で旧ガイドラインは廃止へ
LINE、FIDOアライアンスにボードメンバーとして加盟
「個人情報保護法相談ダイヤル」、5月30日スタート
日本シーサート協議会が10周年、8月に記念イベントを開催