Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、フィッシングや個人情報漏洩などネット犯罪の被害事例と対処法を公開

警察庁は、従来よりサーバ管理者向けにネット犯罪の対処法を公開しているが、PCユーザー向けの被害事例と対処法を追加した。

個人情報漏洩やフィッシング詐欺、キーロガーによる個人情報の盗難、アダルトサイトからの架空請求のほか、ネットストーカー、悪徳商法、掲示板上のトラブルなど、ネット犯罪ごとに一般的な事例と対処法をまとめた。

(Security NEXT - 2005/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者情報含むUSBメモリを紛失、トイレで落下の可能性も - 愛媛県
統計調査員の個人情報含む研修名簿を紛失 - 大阪市
10月に「ShowNet」解説イベント - 脅威情報の収集活用がテーマのセッションも
通販サイトに不正アクセス、詳細を調査中 - JIMOS
国内におけるDevOps時のセキュリティ部門連携、海外より弱い傾向
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
「セキュリティ審査」とだます偽Amazonに注意
へぎそば通販サイトに不正アクセス - 2015年以降のクレカ情報流出か
「ファミチキ無料ク-ポン」装う迷惑メールに注意
警視庁、セキュリティ体験イベント開催 - 小嶋真子さん「1日対策本部長」に