Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イーフロンティア、「ウイルスキラー2005」3タイトルを発売

イーフロンティアは、トータルセキュリティソフトウェア「ウイルスキラーシリーズ」の新バージョンとして、3タイトルを2005年2月11日より発売する。価格はすべて1980円。

今回発売されるのは、「eプライスシリーズ ウイルスキラー2005」、「eプライスシリーズ ウイルスキラー北斗の拳2005」、「eプライスシリーズ ういるすきらぁハローキティ2005」の3タイトル。

「ウイルスキラー」は、コンピュータウイルスおよび不正アクセスの検出、対策、復旧、予防という一連の作業を、1つのパッケージで実現したトータルセキュリティソフトウェア。新バージョンには、プログラムによるレジストリの書き換えを監視し、ウイルスの被害からシステム情報を守る「レジストリ監視」機能がくわわった。

また、スパムメールを自動的に判別する「スパムメールフィルタ」や、ウイルスに感染したPCを隔離する「ネットワークブラックリスト」といった機能もあらたに装備された。なお、新バージョンの発売を記念して、「ウイルスキラー2005 初回購入全額返しますキャンペーン」を全国家電量販店で実施するとしている。

(Security NEXT - 2005/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消