Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報流出の可能性 - オリエンタルランドが調査委員会を設置

東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランドは、両アミューズメントパークの年間パスポート保有者に関わる個人情報が社外に流出している可能性があるとして、現状況と今後の対応について発表した。

同社によれば、2004年12月23日以降、年間パスポートを保有している顧客ならびに過去に保有していた顧客より、「不審な電話がかかってきた」という連絡が数件あったという。また12月29日には、同社に対し、同パスポート保有者の氏名などを例示しながら、個人情報の入手をほのめかす不審な電話があった。

今回の状況を踏まえ、同社では何らかの形で顧客情報が外部に流出している可能性があると判断、調査委員会を設置して原因究明を進めているという。しかし現時点では原因の特定にはいたっていない。また顧客に対しては、特別相談窓口を設けて問い合わせに対応するとしている。

(Security NEXT - 2005/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク