Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

口座番号や印影が記載された普通預金の印鑑票を紛失 - みずほ銀

みずほ銀行は、東京都の田無支店において普通預金の印鑑票5756枚を紛失した。

紛失した印鑑票は、改修工事の際、撤去するキャビネットに保管していたもの。印鑑票には、口座開設日、口座番号、氏名、生年月日、自宅住所、自宅電話番号、勤務先、勤務先電話番号、印影など、個人情報が記載されていた。

対象口座は、最終取引日が1982 年9月以降1990年8月以前の口座。同行の調査では、該当の印鑑票は、収納していたキャビネットを撤去する際に取り出さなかった可能性があり、処分業者により裁断、溶接された可能性が高いという。

同行では、対象顧客に通知、連絡する。口座からの預金払出しについては、最寄の支店に通帳、届け印、および本人確認資料を持参のうえ、手続きを行うようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2004/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も