Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保険代理店でパソコン盗難 - 個人情報867件を紛失

東京海上日動火災保険と東京海上日動あんしん生命保険は、代理店において盗難事件が発生し、顧客の個人情報が記録されたパソコンが被害にあったと発表した。

12月17日の深夜から未明にかけて群馬県内の代理店へ何者かが侵入、貴金属や現金のほか、保険契約者の個人情報867件が保存されたパソコンが盗まれた。盗難発覚直後に警察へ被害届を提出、顧客に謝罪文を送付したという。

パソコンには、OSおよび管理ソフトにはパスワードによるロックがかけられていたという。

(Security NEXT - 2004/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
一部で13年以上にわたり誤った信用情報を登録 - 岩手銀
信用情報約2.2万件の登録漏れがあらたに判明 - 岩手銀
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ
ソースコード管理システム「User-friendly SVN」にXSS脆弱性
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート - 脆弱性5件を解消
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処