Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

屋外ネットワークカメラへの接続などに便利 - LAN用すき間ケーブル

NTTアドバンステクノロジは、耐衝撃性のほか、面耐圧性、耐候性、耐水性などを備えたフラットケーブルタイプのLANケーブルを12月24日に発売する。オープンプライスで、店頭予想価格は5000円前後。

同製品は、カテゴリ5規格に準じた伝送能力を備えたLANケーブル。厚さは1mm、幅14mm、長さ50cm。磨耗や衝撃に強い材料を採用した。

窓や扉の開閉による衝撃を緩和する構造で、同社による耐衝撃性のテストでは、アルミサッシのすき間を通した構成で窓の開閉を繰り返し、1万回以上の開閉にも問題なく利用できたという。

また、面耐圧性、耐候性、耐水性を備えており、野外などに備え付けられたネットワークカメラへの接続などに利用できる。

同製品は、「Bフレッツ ワイヤレスアクセスタイプ」の「ワイヤレス方式」の屋内外装置の接続用として、NTTアクセスサービスシステム研究所が開発した「すき間ナビゲータユニット」を応用し、開発されたという。

(Security NEXT - 2004/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も