Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本エフ・セキュア、スパム対策機能を強化したゲートウェイをリリース

日本エフ・セキュアは、スパム対策機能を強化し、最新ウイルス検査エンジンを搭載した「F-SecureアンチウィルスLinuxゲートウェイ」Ver2.10を発表した。

同製品は、企業LANを外部より侵入するウイルスから守るための、包括的アンチウイルスソリューション。今回発表された新バージョンでは、スパム対策機能が強化されている。

ユーザーごとに設定されたホワイトリストおよびブラックリストによる検出や、任意のヘッダ、本文中の文字列などによる優先度付き条件設定が可能。また、本文中のURLのドメインがスパム送信者か検査できるほか、SMTPおよびPOPの両方で検査できる。

最新ウイルス検査エンジンによる高速ウイルススキャンや、仮想IPアドレスによる負荷分散、冗長構成をサポートする有償のオプションサービスも提供される。価格は、25ユーザーで11万7000円から。

(Security NEXT - 2004/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も