Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットオークションにおける商標権侵害への取り組みを強化 - ワーキンググループを新設

総務省は、電気通信事業者団体などにより設置された「プロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会」内に、オークションサイトにおける商標権を侵害した出品の削除を円滑に行うための方策を検討する「商標権関係ワーキンググループ」を新設すると発表した。

同グループでは、ネットオークションなどで知的財産権侵害、特に商標権侵害が発生した場合、出品物の削除要請に必要な「書類の様式」、および「権利を有すること及び権利が侵害されたことの証拠として必要な内容」に関する指針について検討される。

同グループは12月20日に第1回会合を開催し、2005年夏ごろをめどに削除などの具体的な方策について取りまとめる予定だとしている。

(Security NEXT - 2004/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT