Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京入管、個人情報入りパソコン紛失届け出ず

東京入管成田空港支局において個人情報が保存されたコンピュータ1台が半年以上前に盗難に遭っていたことが明らかとなった。退去強制手続きになった外国人の情報などが記録されていたという。

今年4月19日に盗難被害に遭ったもので、保存されていた個人情報は約300件で、国籍、氏名、生年月日で、容疑や供述した内容なども含まれていた。パソコンのあった部屋は、パスワードがないと入れない場所に保存されていたため、内部犯行の可能性が高いという。

被害届は今月1日に届けられたが、実際の被害から半年以上経過していた。一部報道によれば、法務省への報告もなかったという。

(Security NEXT - 2004/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も