Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アスキーソリューションズ、企業向けのメールフィルタリングソフトを発売

アスキーソリューションズは、英SurfControl plcが開発した企業向けメールフィルタリングソフトウェア「SurfControl E-mail Filter 5.0 日本語版」を2005年1月14日より発売する。価格は50ユーザーで34万1250円。

同製品は、Windows上で動作するメールフィルタリングソフト。機密情報を含むメールや添付ファイルの故意、過失による送信を防御する。また、業務と無関係な私用メールをチェックすることも可能。

さらに、スパムメールやウイルス感染メールの受信を排除が可能。企業ごとに策定された利用規程に基づいた柔軟なルールを設定することができる。

(Security NEXT - 2004/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も