Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

恐喝事件と別経路で流出か? - ヤフーBB顧客情報

ソフトバンクBBは、同社が提供するブロードバンドサービス「Yahoo! BB」の顧客名簿とされるデータ900件が同社に持ち込まれたと発表した。同社データベースと照合したところ、2003年3月11日から2003年3月22日時点のデータベースと一部が合致したという。

持ち込まれたデータは、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号が含まれていた。ソフトバンクBBでは、「Yahoo! JAPAN ID」などの同社固有のデータが記載されていなかったことから、現時点で同社のデータが漏洩したか不明であるとしている。

今回持ち込まれたデータの特徴から、仮に同社のデータと仮定すると、漏洩元は最大約8万6000件の営業の申し込みデータだという。同社では、部門サーバに一時的に格納されていたものではないかとしている。

同社によれば、恐喝未遂事件の際の会員情報データは警察が押収しており、また犯人により破棄されているため、同事件の二次被害の可能性は低いとしている。

(Security NEXT - 2004/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

地域向け情報銀行サービスの実証を開始 - 中部電力
Lenovo製インフラ管理ソフトに情報漏洩のおそれ
ウェブアプリフレームワーク「Django」に深刻な脆弱性
「Apache Dubbo」にRCE脆弱性 - 2019年12月の更新で修正済み
「地域おこし協力隊」希望者向けのメールで送信ミス - 飯田市
職業技術専門校でメール誤送信 - 大阪府
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
ネットワークカメラ向けアプリに認証不備の脆弱性
日本郵便に不正アクセス - 約4000件の不正メール
北朝鮮関与の複数マルウェア、米政府が分析情報