Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、9月のインターネット治安情勢を公開

警察庁は、インターネット上の警察施設に対する攻撃状況を公開した。

ファイアウォールのログ件数は約84万6000件で、2.9%の増加となった。先月同様、135番ポート、445番ポートへの攻撃が多かったという。また、Dabber.Bの感染活動による原因で9898番ポートへの攻撃が現れた。

侵入検知システムによるアラート件数は約2万5400件であり、先月に比べて約12.6%増加していた。SQL Slammerワームによる検知件数が増加したことが原因だという。

(Security NEXT - 2004/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
小学校教員が個人情報写り込んだ画像をインスタ投稿 - 港区