Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、9月のウイルス、不正アクセス届出状況を発表

情報処理推進機構(IPA)は、2004年9月のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況を発表した。

同レポートによれば、9月のウイルス届出件数は5404件。2004年5月以降、7月を除き毎月5000件を超える届出が続いているという。そのうちW32/Netskyは1448件の届出が寄せられ、7カ月連続でワースト1位となり、それに続いてW32/Bagleが530件となっている。

これらのウイルスは、差出人を詐称するのはもちろんのこと、エラーメールを装ったり有名企業やサポートセンターからのメールを装ったりなど手口も巧妙化しており、感染被害が拡大している。

不正アクセスの届出件数は28件で、8月の60件と比較して約53.3%の減少となった。そのうち被害の届出は2件で、いずれも侵入だった。

(Security NEXT - 2004/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
協議会関係者のメアド流出、誤送信で - 宇治市
RIZAPのメールアカウントが乗っ取り被害
「カテエネ」不正ログイン、78件があらたに判明 - ポイント交換も
10月のフィッシングサイト、過去最多に - 報告は8000件を突破
NVIDIAのディスプレイドライバに複数脆弱性 - アップデートを提供
「Joomla 3.9.13」がリリース - 脆弱性2件を修正
家具通販サイトでクレカ情報流出 - 不正利用も
9月は「HTML/ScrInject」が前月比2.5倍に - 国内外で急増
北朝鮮「HIDDEN COBRA」関与のトロイの木馬「HOPLIGHT」 - 米政府がIoC公開