Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、9月のウイルス、不正アクセス届出状況を発表

情報処理推進機構(IPA)は、2004年9月のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況を発表した。

同レポートによれば、9月のウイルス届出件数は5404件。2004年5月以降、7月を除き毎月5000件を超える届出が続いているという。そのうちW32/Netskyは1448件の届出が寄せられ、7カ月連続でワースト1位となり、それに続いてW32/Bagleが530件となっている。

これらのウイルスは、差出人を詐称するのはもちろんのこと、エラーメールを装ったり有名企業やサポートセンターからのメールを装ったりなど手口も巧妙化しており、感染被害が拡大している。

不正アクセスの届出件数は28件で、8月の60件と比較して約53.3%の減少となった。そのうち被害の届出は2件で、いずれも侵入だった。

(Security NEXT - 2004/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
複数の人気スマホ、地域による脆弱性格差が存在
「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング
テレワークリスク向けに保険パッケージ - 三井住友海上ら
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 高知言語聴覚士会
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
サイボウズ、PSIRT構築支援プログラムを開始